トップ > 薄毛・抜毛 > 抜け毛、薄毛対策としての洗髪

抜け毛、薄毛対策としての洗髪

洗髪といえばシャンプーです。

市販のシャンプーは、多くが石油を原材料とする合成系の界面活性剤をベースにしています。

当然、その浸透性の高さゆえに毛包の奥まで入りこみ、毛根周辺の細胞にダメージを与えているのは明白です。

天然素材を原材料として作られたシャンプーには副作用はほとんど見られず、石油合成系シャンプーよりも抜け毛、薄毛対策として好影響をもたらしています。

シャンプーも、抜け毛や薄毛が気になる方は天然良質なものを選びましょう。

リンスをお使いの方も多いでしょう。

脂性の人の場合は、なるべく油分の少ないリンスを選びましょう。

地肌に沢山つけると、肌から出る脂と、リンスの油とがまじって、フケの原因になったりします。

リンスは地肌にはなるべくつけないようにして、ていねいにすすぐことです。

かゆみ止めのリンスは、たまに使う分にはよいのですが、使いすぎると肌を弱くするので、常用は避けたほうがよいです。


また、洗っても落ちないコーティング剤や整髪料はシャンプーしても落ちにくいので注意が必要です。

毛幹にこびりつき、毛の育成を阻害するだけでなく、頭皮を弱らせ薄毛や細毛を速めています。

抜け毛や薄毛が心配な方は、できるだけこうした商品を使わない、または注意することが必要です。


ブックマークに追加する

お探し物は見つかりましたか?

まだまだお探しなら抜毛,薄毛,シャンプーなどを組み合わせてwebを検索してみてはいかがでしょうか?
またのお越しをお待ちしております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://a-news.net/mt/mt-tb.cgi/22

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

この記事のカテゴリーは「薄毛・抜毛」です。
髪の毛の悩みで一番多いものはやはり薄毛や抜け毛です。男性だけでなく女性の社会進出にあわせ女性の薄毛の悩みが増えています。薄毛や抜け毛の対策情報を集めえいます。
関連記事

ヘアスタイルと抜け毛の関係

ヘアスタイルによっては髪の毛に影響を与えます。

抜け毛、薄毛対策としての洗髪

抜毛や薄毛対策の為のシャンプー。

育毛には不規則な生活は悪い

育毛のために不規則な生活は改善しましょう。

薄毛と食事の関係

髪の毛と食事、栄養素の働きを紹介しています。

[PR]抜毛  薄毛  シャンプー