トップ > 薄毛・抜毛 > 薄毛と食事の関係

薄毛と食事の関係

薄毛や抜け毛と食事には密接な関係があります。
健康を維持するために栄養バランスを考えるといえば分かりやすいかもしれません。

今回は細かくそれぞれの栄養素と髪の関係について紹介します。

ビタミンB群(玄米胚芽、のリ、わかめ、チーズ、卵、ピーナッツ、レバー、ビール酵母、牛乳、等)は、髪の新陳代謝を促します。

なかでもビタミンB2は組織の中に酸素を供給する働きをするをしており、欠乏すると毛母細胞の働きがとまってしまい、髪の毛が抜けてきます。

また、ビタミンB6は含硫アミノ酸から毛を生み出す際に大きな役割をはたすビタミンで、
不足すると、皮膚がただれたり抜け毛が増えます。

たんぱく質(魚、肉、大豆製品、卵等)は、髪を美しくします。

ミネラル(貝類、ナッツ類、魚介類、等)は、髪の発育やメラニン色素の合成をします。

カルシウム(牛乳、大豆、ひじき等)は、髪につやを与えます。

以上に紹介したように抜け毛と食事の間には密接な関係があります。

普段から食生活に気をつけていくことが抜け毛予防につながります。


ブックマークに追加する

お探し物は見つかりましたか?

まだまだお探しなら薄毛,抜け毛,ビタミン,栄養素,食事,ミネラル,カルシウムなどを組み合わせてwebを検索してみてはいかがでしょうか?
またのお越しをお待ちしております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://a-news.net/mt/mt-tb.cgi/5

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

この記事のカテゴリーは「薄毛・抜毛」です。
髪の毛の悩みで一番多いものはやはり薄毛や抜け毛です。男性だけでなく女性の社会進出にあわせ女性の薄毛の悩みが増えています。薄毛や抜け毛の対策情報を集めえいます。
関連記事

ヘアスタイルと抜け毛の関係

ヘアスタイルによっては髪の毛に影響を与えます。

抜け毛、薄毛対策としての洗髪

抜毛や薄毛対策の為のシャンプー。

育毛には不規則な生活は悪い

育毛のために不規則な生活は改善しましょう。

薄毛と食事の関係

髪の毛と食事、栄養素の働きを紹介しています。

[PR]薄毛  抜け毛  ビタミン  栄養素  食事  ミネラル  カルシウム