トップ > シャンプー > リンス・トリートメントの油性成分

リンス・トリートメントの油性成分

リンスやトリートメントには油性成分が必ず入っています。

シャンプーをすることによって髪の毛や頭皮の皮脂が奪われて、そのままではかさかさになってしまいす。
そこでリンスやトリートメントで皮脂を補い髪の毛のつややなめらかさといったものを保つんです。

シャンプーで落としてリンスで補うというと矛盾した話のように聞こえますが、頭皮や髪の毛のライフサイクルをお手伝いするといった感じでしょう。

油性成分は大きく分けて高級アルコール、脂肪酸エステル、天然系油分、シリコーン油になります。


  • 高級アルコール
    髪の毛や逃避の保護作用があるので広く使われています。

  • 脂肪酸エステル
    脂肪酸エステルにはたくさんの種類があって、その用途によって使い分けされていますが、基本的には柔軟湿潤効果を目的に使用されています。

  • 天然系油分
    昨今の自然志向、天然志向で広く使われています。
    代表的なものにはホホバ油やツバキ油があります。

  • シリコーン油
    シリコーン油は軽い感覚があるので、髪の感触を上げるために使用されています。


ブックマークに追加する

お探し物は見つかりましたか?

まだまだお探しならシャンプー,リンス,トリートメント,油分などを組み合わせてwebを検索してみてはいかがでしょうか?
またのお越しをお待ちしております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://a-news.net/mt/mt-tb.cgi/737

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

この記事のカテゴリーは「シャンプー」です。
薄毛や抜け毛の対策は頭皮を健やかにし、健康な髪の毛を育てることです。そこで日常一番身近なシャンプーについての情報を集めています。
関連記事

リンス・トリートメントの油性成分

リンスやトリートメントの成分の脂って何?にお答えします。

[PR]シャンプー  リンス  トリートメント  油分